2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.01.13 (Thu)

うっかりアタック

初心者問わず、よくやってしまう「うっかりアタック」。攻めたら一方的にやられてしまうのに、攻めてしまう事。これをやってしまうと、カード差が開いてしまう要因になりますよね。ですが、こんなことはありませんか?
うっかりアタックしてしまったら、相手が異様に考えこんでしまう事が。
相手にとっては、なんらかのカードによってこちらがやられてしまうのでは?と深読みしてしまうことですね。運がよければ、リスクを回避するために、攻撃を通してくれます。
一種の意図的に行わないブラフみたいなものですね。
今回はよりブラフをするためのコツを教えます。

まず条件として
1.相手はこちらのデッキの内容を知らない、またはコンバットトリックを行えるカードをデッキに入れてあるか、実際に使っていること。
2.手札を何枚か持っていること。
3.相手の本国に余裕があるとき。
4.「しまった」とか声に出さず、顔も(・ω・`;)じゃなくて(`・ω・´)にすること。
5.連続で行わないこと。
以上の条件を満たすと、攻撃が通る確率が高くなります。
通れば実際にはカードが無いときにでも、本国を削ることが出来ます。
失敗したら、次はカードを持っている状態で攻めてひっくり返せば、また疑心暗鬼に陥ると思います。


分の悪い賭けは嫌いじゃないって人には、覚えておいて損はないかと。
とりあえず普通に「うっかりアタック」してしまったら、ポーカーフェイスで押し通しましょう。
たぬぬん。
スポンサーサイト

テーマ : カードゲーム - ジャンル : ゲーム

02:55  |  初心者用クルセイド講座  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tanutanu10.blog27.fc2.com/tb.php/161-a73a2721

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。