2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.02.15 (Tue)

交戦の予備知識

ユニットのみによる交戦時における優位性を意識してデッキを作ると良いでしょう。
どういう事かと言うと、例えば4/1/4の同じユニットが交戦した場合、通常は数字上での計算で相打ちとなります。良くも悪くもお互い場のカードを1枚失った状態になります。ですが、仮に相手のユニットに何らかのテキストが合った場合は状況が大きく異なります。
交戦時における有利な順は
不利←速度3<速度2<速度1<[ダメージ判定ステップ規定効果前:焼き<マイナス修正=プラス修正<破壊=移動]<[防御ステップ:焼き<マイナス修正=(プラス修正)<破壊=移動]→有利
ロールは除外してあり、テキストのものにもよりますがだいたいこんな感じ。
こう見ると速度2だけではとても厳しいので、テキストを持ってないバニラは弱いのです。特徴等を利用したシナジーでも無い限り出番はそうありません。
速度2に対して速度1はとても強力です。ですがダメージ判定ステップ前よりのパンプアップや除去には不利となっています。なので、パンプアップや除去が得意なユニットは強力なものが多いのです。最初はそうしたユニット(フィニッシャークラス)を選定してデッキに入れると良いと思います。


色やシリーズによって除去内蔵のユニットが限られてる場合があります。そういった場合は大抵除去等の耐性を持っていたり、テキストを消す等といったテキストが見られるかと思います。それらを最大限利用します。除去には除去を、除去出来ないのなら無効化したり耐えることが対抗策として出てきます。そうすることで、相打ちに持っていったりなどして厄介なユニットを処理するのです。ただ、無効化したり耐えた後は戦闘ダメージの応酬となるので、その時はサイズがモノを言います。サイズが大きいほど有利です。


ユニットのみでの交戦ですが、これにキャラをセットしたりコマンドでサポートしたりと様々なカードを使うことになるので、出来ないことはそれらのカードに任せるのも手です。とりあえず何かしらの除去か除去の対抗策となりえそうなカードはデッキに入れておきたいところです。
ただし、キャラなら多少局地的でもコマンドはGに出来ない局地的用の対抗策カードはデッキに入れないようにしましょう。例えば移動せずロールしないとか、敵軍効果でのみ破壊無効とか。噛みあえば強力ですが、噛み合わなかったときはカードが腐るおそれがあるのです。出来れば幅広く敵軍効果またはコマンドの対象にならなくなったり、テキストを消す様なカードがお勧めです。
たぬー。
スポンサーサイト

テーマ : カードゲーム - ジャンル : ゲーム

00:53  |  初心者用クルセイド講座  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tanutanu10.blog27.fc2.com/tb.php/178-9d3fa21e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。