2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.04.21 (Thu)

マクロスクルセイド第4弾 カードレビューその2

レアを見ていきます。



青のレア
1枚目 SV-51γ (ノーラ機) [B]
頭でっかちのユニット。テキストは博打ですが、ダメージを受けないってのが素晴らしいですね。対サウンドフォースにもなるので悪くありません。思い切ってキャラセットもあり。

2枚目 鳥の人
相手の部隊戦闘力をそのままダメージとしてはね返す凶悪フィニッシャー。博士(アリエス・ターナー)と合わせれば6国で降臨し、とても恐ろしいです。異常なまでに高い射撃値なので後衛からでも部隊戦闘力を一気に底上げできます。さらにダメージ除去+強襲が噛みあっていて、これでエース2なのだからとんでないユニット。

3枚目 クァドラン・ロー(マックス機)
名称ミリア機をパンプアップするユニット。速攻、高速戦闘と申し分ないサイズで、揃ったときの強さは圧巻。テキストの対象と武装変更はマックス機になっているので、幅が広いです。

4枚目 クァドラン・ロー(ミリア機)
こちらは名称マックス機と交戦中の、セットされていないユニットを破壊できます。効果の範囲は何とも言えませんが、こちらも武装変更がミリア機になっているので、武装変更からの奇襲で使っていきたいテキストですね。

5枚目 リン・ミンメイ
いるだけで歌コマンドの乱発を阻止します。それと同時に対カウンターとして機能するテキストをもっているので妨害されにくく、計画的にプレイを進行することを手助けしてくれます。侮れない歌手です。

6枚目 マオ・ノーム
自軍本国操作が出来るキャラ。3枚の中からなので、3ターン先の未来まで見通せます。さらに自軍本国の上から3枚~というようなカードがあることから、思ったとおりのプレイをサポートしてくれる便利なキャラです。

7枚目 ノーラ・ポリャンスキー
専用機のセットが必須条件とちょっと厳しいところがあります。ただ成立したときの強さは半端ないです。防御6以下なら簡単に破壊できる範囲で、中島雷造のおやっさんがいた日には防御7以下を破壊できるようになります。中盤戦では青らしからぬ暴れっぷりを見せつけてくれるかもしれません。

8枚目 滅びの歌
いろいろと条件がありますが、使う側に有利なように持っていくのはとても難しいですね。主力にはキャラは当然セットされるものですし、バジュラも掃除出来ないんじゃなんとも・・・。

9枚目 HOLY LONELY LIGHT
ユニットを指定している訳ではないので、部隊さえ健在なら修正が残りっぱなし。パンプアップ系とは違う安定感があります。

10枚目 SUBMARINE STREET
展開力を高めるカード。しかし3枚の中からなので外すと大惨事。


緑のレア
1枚目 ギガメッシュ(フェフ機)
場にいる歌手を手元に持ってこれるのはなかなか。しかしさすがに条件が厳しいですね。

2枚目 ゴーストX-9
速攻、高速戦闘持ちの3/3/3。さらに焼きへの追加焼きを加えることが出来るので、速攻と相まって厄介なユニット。これだけでは活かせないので、複数焼きとの組み合わせを。

3枚目 YF-21(ハイマニューバ・モード)
キャラをセットしている状態なら相手と相打ちすることが出来ます。YF-21[B]ならガルドを引っ張ってこれるので、簡単にテキストを使えますし、また配備しなおしてガルドを引っ張ってこれます。手を出しにくい相手を吹き飛ばすこともできるし、高機動→武装変更もできてとっても○。

4枚目 VF-171EX ナイトメアプラス(アルト機) [B]
歌解決後の全体パンプアップは優秀ですが、これだけでは微妙。様々な歌による作用でパンプアップするカードを組み合わせればとんでもないサイズになることも。対バジュラ戦に強いので、お守りにいれるもありです。

5枚目 クラン・クラン
このキャラはかなり優秀ですね。戦闘フェイズ中国力が-2にされるので、コストの高いコマンドが使いにくく、国力を必要とするテキストや武装変更を活かしにくくなります。コマンドやキャラ、ユニット等の使用コストを把握しておくと使用困難なカードが分かるので、動きやすくなります。相手が国力を伸ばすハメになれば、それだけ相手はG配備にカードを割かないといけないので、いるだけでもいい仕事をするでしょう。

6枚目 イシュタル
相手の猛攻撃が厳しいときの時間稼ぎ用に。

7枚目 シャロン・アップル
一見強そうに見えて、ちゃんとデッキを構築しないと機能しないサウンドフォース持ち歌手。交戦中のタイミングで使える歌を入れておくことが重要で、決まれば当然強いです。全てのユニットにキャラをセットするのは難しいので、何かしらのユニットを盾に使えると思います。これはアイモの出番@@+

8枚目 After,in the dark
難しい歌コマンドですが、配備にいるユニットも狙えるのがいいですね。下のテキストでダメージ倍増、決まれば決定的な打撃になりそうですね。でも難しい・・・@@;

9枚目 pink monsoon
相手のユニットをありがとうする歌コマンド。上のテキストは警戒されるとなかなか機能しません。下のテキストは重いですが、セットされていない敵軍ユニットをずっとありがとうできます。相手の艦艇を取るだけでも十分な気も。

10枚目 放課後オーバーフロウ
4弾でもっとも注目すべきカード。タイミングが常時なので使いかってが良く、様々なカードとの組み合わせに向いているコマンドです。一度場から離れ、再び場に戻るので、擬似的な除去回避から戦闘ダメージを与え合った後、破壊されたときに使えば擬似的なオーラ力として作用します。さらに一度場から離れて再び戻ってきた場合は、離れる前のカードとは別カード扱いになるので、ターン終了時にそのユニットを手札に戻すやターン終了時にそのユニットを持ち主の配備エリアに戻すなんかの効果は起動しなくなります。今回は相手のユニットを借りるカードが多く、前の弾とも合わせれば一時的にコスト踏み倒しで出せるユニットやコマンドなんかがあるので、入るデッキはそれなりに多いと思います。



次回は気になるコモンアンコモンを見ていきます。
まったぬ~ノシ


スポンサーサイト

テーマ : カードゲーム - ジャンル : ゲーム

03:58  |  クルセイドカード考案  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tanutanu10.blog27.fc2.com/tb.php/219-daaf99a2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。