2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.01.26 (Thu)

聖闘士星矢クルセイド カードレビューその2

今回は赤のカードを見ていきます。




1枚目 獅子座のアイオリア
速度2戦闘ダメージを軽減する手堅い黄金聖闘士。ダメ半でロールしてしまうので、特殊効果聖闘士で起きないことに注意。後続の高い射撃値を活かして戦うか、鳳凰星座の一輝の飛び込みを利用したいところ。
手堅いけど、いろいろと対処されてしまうのがネック。


2枚目 乙女座のシャカ
強力なテキスト消しとコマンドのプレイ制限による束縛が特徴の黄金聖闘士。凶悪なテキストを持つユニットは他世界にも多くいるので、赤使うなら欲しいですね。
他クルセイドならコマンドすら封じてしまうので、ガチの殴り合いに持っていけるのが強み。サイズは普通なので単機の運用は避け、交戦に強いユニットと組ませて戦うのがいいと思います。その際は他の色からでもスカウトを。


3枚目 魚座のアフロディーテ
今回の注目カード。相手の手札上限を下げるテキストは硬直状態の時にくらいしか機能しなさそうです。各種専用コマンドを手札に戻したり、天馬星座の星矢によるバウンスを使って相手の手札上限を締め上げる方法で戦う予感。
相手の手札上限が仮に下がったとしても、Gなど場に配備されて終わるので、Gが伸びると強くなる水瓶座のカミュや専用コマンドの威力向上に繋がる可能性も。
このカードの強みは手札制限よりも0枚時のバウンスですね。バウンス目的よりも相手のカードの選択肢を狭めるのが主な任務。効き目は相手のデッキ次第ですが、手札の消耗が激しいゲームなので割りと面倒なテキスト。
とはいっても、盤面上に与える影響がほとんどないので、それがこのカードの運用の難しいところでしょうか。かなり難易度の高いカード。


4枚目 アンドロメダ星座の瞬
超射撃の人。赤は射撃値の高いユニットが多いですね。後方射撃とカウンターが主な任務でしょうか。このサイクルのカードは戦闘力が高いので入れるしかないと言う。


5枚目 鳳凰星座の一輝
4国7/1/3で飛び出る化物ユニット。どういうことなの・・・。
ダメ半時による除去後の飛び出しが偉すぎます。


6枚目 星雲鎖
専用コマンドのカウンター。キャラコマンドをカウンターでき、Gにもなって回収できるコマンド。強そうに見えますが本人がいないとカウンターできないのと、本人がいるだけで簡単に警戒されてしまい、Gから回収は尚さらだったり。
カ、カウンターを持っていたなんて!?って言う状況で撃つのが強いカウンターにとって、これはちょいとマイナス点。でも入れないと枠がー。1対1交換と割りきって運用。


7枚目 鳳凰幻魔拳
条件がいろいろとある、ありがとうコマンド。本人による奇襲性もあってか現実的なデザイン。問題はエース値の枠。相手の除去後の一輝プレイで取りやすい点が良いですね。手順が多い分永続的にコントロールできるので、狙っていきたいです。


8枚目 天魔降伏
6国の専用ロールコマンド。恐ろしく重いので、回収即撃ちはほぼ後半戦用。本人のサポートコマンドとしては一級品で、テキストを消してコマンドを封殺しつつロールとほぼ一方的。
そしてイラストは何が起きているのだろうか@@;




それぞれ役割がきっちり分かれているので、それぞれユニットコマンドをセットで並べて考えると良いでしょう。自軍1枚制限、エース枠、専用コマンド、キャラセット不可、それぞれの役割にシナジー構築とこれは難しいですねぇ@@;
んでは次回は緑のカードを見ていきます。
緑強いですね。たったぬたったぬ。
スポンサーサイト

テーマ : カードゲーム - ジャンル : ゲーム

05:38  |  クルセイドカード考案  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tanutanu10.blog27.fc2.com/tb.php/366-d3e7858d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。