2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.02.25 (Sat)

サンライズクルセイド14弾 カードレビューその2

サンクル14弾の赤と緑のカードを見ていきます。


赤のカード
1枚目 スターガオガイガー
高機動高速戦闘関係なく防御に出れる上に下位版プロテクトシェード内蔵の守り重視型ユニット。パッと見地味ですが、これがなかなか良いのですよ。各種パンプアップカードに恵まれ、サイボーグガイの速攻付与に自身のテキスト封じとを合わせればかなり安定感のある戦力になります。
強力な防御ステップに撃ち込まれる除去をかいくぐってダメ半に武装変更→ハンマーの動きでピンチを勝利に変えることも可能なので、これは今後起点になりうるカード。
それに何気に強襲がついているのもポイント。コマンドのゴルディオンハンマーによる除去と相性が良く、空気だったそのコマンドの使いやすさが向上します。
ただネックなのがテキスト使用に6国必要なところでしょうか。武装変更による早出しには対応していないので、そこだけが悩ましいです@@;


2枚目 セイクリッドナイト&フェイ
かなり攻撃的なユニット。リンクによる配備と戻しを繰り返しつつ共振でカードを引きつつ、悪石を貯めながら殴れるナイスなアタッカー。リンクによる展開阻害もブーストで補えて、貯めた悪石をセイクリッドナイト・リベレイターの除去に使いつつ善石に変換できるとかかなり強く、間違いなく必須Lv。
善悪のコイン管理とリンクによる場の整理に頭をひねりながら楽しみましょうw


3枚目 卯都木命
特徴勇者のみの武装変更に限り1ターンに2回できるというもの。間に別の武装変更は挟めませんので要注意。2回の武装変更は攻めよりも守りにこそ便利さ増します。例えば、高機動部隊で攻めこまれた→防御ステップ武装変更スターガオガイガー→防御に出撃し、ダメ半に武装変更ゴルディオンハンマー→ピカーッ(た、たぬー!!?
使い際は早出しをしないタイプの構築になるので、指定の軽さを活かして複色勇者デッキを模索するといいかもしれません。ガオガイガー単品ではどうにも厳しいですからね。


4枚目 強龍神
特定の手札にあるカードを火力に変換しますが、1ターンに2回の発動なので単品で頑張って6点焼き。そのわりに手札の消耗が結構痛いです。使わなくなった小さいビークルロボ捨てて戦うので、Gを伸ばさないタイプの超AIデッキになるかと思います。その際は他の焼きやマイナス修正との合わせ技を意識した作りが重要かもしれません。


5枚目 幻竜神
強龍神に近いテキストで、こちらはロールするタイプ。射撃も高く、ロールテキストは何かと良いですね。1回使うだけで十分で、手札にやさしいです。鉄壁もあり、射撃の高さから後衛に陣取って戦えば相手にとってはめんどくさいでしょう。これでエース1とコンパクトで優秀な超AIの予感。


6枚目 セイクリッドアルマ・リベレイター
キャラかと思ったらユニットでしたの5点焼き内蔵ユニット。コインの消費はでかいですが、対象の場所を選ばない5点火力は便利です。高速戦闘からシステムユニットを除去しつつ相手の外堀から埋めて戦えますね。


7枚目 ラティオ
これは強い。赤の防御担当ガオガイガー勢力にまた防御カードが収録されました。赤得意のバウンス除去からの両エリアアタックによる大ダメージをこれ1枚で防ぎ切ります。鉄壁の守りからの強力な反撃をを得意とする超AIデッキにはいることがあれば恐ろしいですね。
ちなみに、捨て山0枚時にラティオのテキスト起動→資源1とその下にラティオが移動→ダイターン3(ギャリソン搭乗時)のテキスト起動→さらに資源1で捨て山が3枚になり、一番したのラティオを回収してまた配備できます。この流れの時にキャラのマイクサウンダース13世がいれば、守りつつドローができます。
ダイターン3主軸になりますが、悪いことが出来そうな予感@@+


8枚目 藍羽ルリ
前回のと違ってこちらは使用しないとコインが増えない仕様。善石を増やすカードの枚数と善石を使うカードがどれだけ多いかが問題になってきます。
とりあえず連動で1/1/1ということは、グレートアクスあたりを振り回してバックアップしてくれているに違いありません!


9枚目 GGGオービットベース
装填2鉄壁2射撃値2の優秀なユニット。鉄壁2はでかく、同作品内でも鉄壁持ちも多く、格闘値をマイナスさせるマイクサウンダース部隊に、ガオガイガー&超竜神のマイナス修正も合わせれば相手は無力になるでしょう。
ガオガイガーをタッチで使うならこれは是非とも使いたい一品。


10枚目 合体原種
早ければ自軍4ターン目に8/8/8が降臨し、6国からバウンス地獄がスタート。使うならある程度ユニットを並べる必要があり、完封するにしても準備が必要となりますが、逆転の可能性を秘めたフィニッシャー。
外見が「    」に見えてしまう・・・@@;



緑のカード
1枚目 ゼーガペイン・アルティール(舞浜シャイニングオーシャンパンチ)
このカードの真価を発揮するのは、QLコインを集約するところと、ホロボルトプレッシャーやアルティール&ガルダとで武装変更でぐるぐる回しつつQLコインを集めるところにあります。
QLコイン集約はアルティール&ガルダの部隊戦闘力向上による一撃必殺に使えたり、守りたい対象を明確にできるようになります。ホロボルトプレッシャーやアルティール&ガルダはQLコインを引き継いでさらにQLコインを得ることができますが、チャージができないのが今までネックでした。ぐるぐる回して増やす対象が増えたことがでかいですね。
デッキの潤滑油的な働きをする良いカードです。


2枚目 ビルドタイガー
早出しついでに配備に5焼きはさすがは緑といったところ。連動や他のパンプアップカードを含めれば何気にサイズがでかくなるので侮れません。使うには専用デッキでの運用が必須となりますね。エース1であることから各種ジェイデッカーが睨みをかけせつつ前衛を務める感じになると思います。


3枚目 イェル
キャラ操作がトリッキーな戦闘修正の高いカード。キャラを助けたり、自身が逃げたり、戦闘修正を底上げして戦ったりと使い方は様々。ゼーガペイン系は4国~5国のユニットが大半で、6国~ユニット相手には簡単にサイズ負けしてしまいましたが、イェルのテキストで一気にサイズを底上げできるのがでかいです。例えば5/3/5のユニットに2/2/2+1/2/2キャラセットで8/7/9のとんでもサイズになります。


4枚目 アンチゼーガ・マインディエ
戦闘エリアに移動してチップを量産できます。生産するときは戦闘ダメージを与え終わった後に使うべきでしょう。戦闘エリアの移動は破壊から逃れるのに使えるので、攻めつつチップ量産が主な任務。アルティール・ホロボルトプレッシャーが強襲持ちなので、その前衛として活躍が出来そうです。


5枚目 ジェイデッカー(ジェイバスター・ライフルモード)
自動3点焼きが光る、射撃値の高いユニット。焼きと合わせて射撃値7とも見れるので、恐ろしいです。ジェイデッカー2枚体制になるまでの繋ぎとして猛威を振るうことでしょう。
リンクデッキ相手には自動焼きで簡単に完封できそうです。


6枚目 シャドウ丸
攻撃を通すためのテキスト。ちまちま削りにかかりましょう。


7枚目 守凪了子
かみなぎりょうこ と読みます。ゼーガペインのデッキはQLコインが命綱なのに5個以上の消費で破壊無効は代償が大きいように思えます。ですが、どうせ破壊されればカードを失うことになるので(QLコインが乗っていればなおさら)、ペインによるカードの消耗も考えれば止む終えない時もでてきます。
今弾のイェルやメイヴェルを使ってセットグループが3枚になるので、失うアドバンテージを考えれば使うべきとも思えます。前のバージョンはQLコインが増えて助かったときもあれば増えてもそこまで恩恵を感じない場面もありました。なので今弾の新しいバージョンには期待できそうです。
何気に戦闘修正も国力もそれなりにあり、後衛で戦うため生存率は高め。


8枚目 冴島十三
専用デッキだと良い動きをするでしょう。さらに必要なジェイデッカーやパーツ集めに最適で、悪くない一品。いかに早めに出すかがカギとなりそうですね。1回でも起動してカードを回収できれば仕事完了。それ以降も回収できれば大活躍です。


9枚目 ジフェイタス
ゼーガペイン系の装填はどれも1でしたが、これはなんと装填4。3国防御6の戦闘配備持ちとガッシリとしていて守りは固めで良いデザインです。
ジャンクヤードにあるセレブラントを本国に返せるので、京のテキストサーチで再び回収の動きができます。使い機会は少なそうですが、いろいろと回せそうです。


10枚目 非人道的手段
部隊操作コマンド。後方に隠れる支援機を引きずりだして破壊したり、挌闘値の低いユニットがいれば前面に出して部隊戦闘力をさげたりと使いやすいコンバットトリック。



変わらない絆
最近「絆」の字を使用するカードが多いですね。
ガオガイガーと組んで手堅くすることも。



さて、これからはサンクルのデッキをつくりまくりますよー。
もってくれぇ~、水中!
たぬっ!
スポンサーサイト

テーマ : カードゲーム - ジャンル : ゲーム

04:33  |  クルセイドカード考案  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tanutanu10.blog27.fc2.com/tb.php/379-d4af9187

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。