2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.05.15 (Sat)

サンクル10弾 カード考案

今日はサンクル10弾のカードを見ていきます。
10弾もなかなか面白いカードがあるものですね。


まず最初は ショーグン・ミフネ
青の将軍様。
3国2/0/2と戦闘修正は高く、戦闘ダメージを与えると、ライフアドバンテージを失う代わりに
カードアドバンテージを得ることが出来ます。
早い段階で高機動持ちユニットに乗せてやると大活躍。ブースト系カードとの組み合わせは中々良好。
資源の支払いがとんでもないので、攻め攻めのデッキくらいしか居場所がありませんが。良いカードですね。


2枚目は 平和の担い手
連動が成立するユニット&キャラを本国から引っ張ってこれるので、今後増えるであろう連動を考えると将来性のあるカード。
とは言え、5国自軍戦闘フェイズに引っ張ってきてもた~ぬ~@@;なので、一工夫が必要でしょう。
要はそれまで本国の減りを抑えれば良いのですが、他の手では
自軍防御ステップに平和の担い手で新型カグツチをサーチ→あらかじめ連動させておいてプレイして破壊や
平和の担い手から龍王丸をサーチ→ダメージ判定ステップに武装変更などが考えられます。


3枚目 ガッシュラン(V-MAX)
キャラを乗せて、フォロンでパンプさせると大変なことになるユニット。
素の状態でも凶悪なスペックを持ち合わせるものの、それに伴なうデメリットもなかなかのもの。
クイックを持ってるので、紅蓮舞うからの切り返しが凶悪すぎる@@;
が、交戦、テキスト起動し、それでいて破壊された後の壮絶なアドバンテージ損が…
ハイリスクハイリターンの漢のユニット。


4枚目 ラビドリー・ドッグ
弱いと定評のあるこのユニット。個人的にはそんなに悪くないような…
条件付きとは言え除去を内蔵しており、しかも移動系の除去。
このカード単体で見ると微妙ですが、カードゲームなのでそこは他のカードで補います。
黒の各キャラ破壊と絡めたり、ブールーズ・ゴウトで交戦をコントロールしたり等々。
さすがに5~6ターン目に使う能力ではないので、中盤は強くはないですね。(そこが問題ですが…
後半戦にひょっこり出てくるのが個人的には良いかと。
これくらいの強さのほうが使い手にとってありがたいですね。
あまりにもぶっ飛んで強いのはちょっと…@@;


5枚目 ガウ・ハ・レッシィ
ボードアドバンテージを失う代わりに、ハンドアドバンテージを得るカード。
普通に使うと首絞めますが、使用済みのゼロやエース値の整理など、後半は使い勝手が良いですね。
マイクサウンダース13世と組み合わせれば、3枚ドローと圧巻。
フィニッシャーを探すのに一役買います。


6枚目 王の力
指定こそ高いものの、その運用の幅広さが利点でしょう。
結構ひどいカード。



サンクルのカードデザインはとても良いですねw
原作を再現したテキストや、コマンド。強すぎないカード。
それでいて奥深い@@+
機甲兵のGからユニットとしてプレイは、その発想にたったぬたったぬ

スポンサーサイト

テーマ : カードゲーム - ジャンル : ゲーム

04:03  |  クルセイドカード考案  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tanutanu10.blog27.fc2.com/tb.php/6-f11e7ea0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。